地震保険は必要か?


生命保険にも同じことが言えますが、
地震はあるかもしれない、けどないかもしれない(そしてほとんどないと思われる)
ことに毎月高い地震保険料金を払うのが負担に感じる方が多いと思います。
(地震保険加入率は全国平均でまだ23%)
しかし、地震大国日本で住む以上、やはり地震保険は加入したほうがいいでしょう。

特に次の条件に当てはまる方は地震保険を強くお勧めします。
1.持ち家
2.住宅ローン返済が始まって間もない、また相当額残っている。
3.貯蓄が少ない
4.有事の際、身を寄せる親族、友人がいない。

上記のケースにあてはまらない
1.賃貸
2.住宅ローンが少ない、ない
3.ある程度まとまった貯蓄がある
4.有事の際、身を寄せる親族、知人がいる。

こういう方には補償額は少なめですが、手ごろな掛け金の火災共済がお勧めです。

また、地震のときの家財の損壊は自分で備えることは可能ですよね。

耐震ラッチ、食器棚や大型家具の下に貼るタイプの耐震用品、テレビは倒れないように
壁などにも固定、背の高い家具はそもそもなるべく置かない・・・などなど。

最低限のことはした上で地震に備えましょう。


posted by もしもと安心のための地震保険 at | 地震保険の加入率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。